Jリーグよりヨーロッパサッカーに魅力 サッカーファン

近年ではJリーグよりヨーロッパサッカーに興味を持つ日本のサッカーファンが増えています。

フィールドのボール

1990年代や2000年代前半はインターネットがあまり普及しておらず、ヨーロッパで行われる試合の情報があまり入手できませんでした。しかし2000年代後半になると一般的な家庭でもインターネットが普及し始め、2010年代になるとパソコンだけでなくスマートフォンやタブレットを使用して情報収集が行われるようになります。

インターネット上にはSNSやブログだけでなく動画投稿サイトや配信サイトが増え、本場の情報をリアルタイムで入手できる時代となりました。サッカーの本場はヨーロッパや南米ですが、現在では日本にいながらこれらの地域で行われる試合の情報を簡単に入手できます。多くのサッカーファンがヨーロッパサッカーに注目するようになるのは当然のことです。

ゴールキーパーヨーロッパや南米には、多くのサッカーファンがおり文化として根付いています。チケットやグッズの売上も多く、選手には高額な年収が支払われるのです。そのため優秀な選手が集まり、さらにサッカーファンを惹きつけて売上を増やします。より多くのファンが存在することで、ヨーロッパには超一流の選手たちが集まるのでしょう。最近では日本のサッカーファンの多くも、ヨーロッパサッカーに注目するようになっているのです。